技術の進歩によって生まれた光通信 - ネット回線高速課

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術の進歩によって生まれた光通信


技術の進歩によって信号伝送容量は毎秒1.6テラビットに向上し、
中継間隔も500キロメートルになっています。




1988年12月アメリカとイギリス・フランス間に
TAT‐8システムを用いた海底光ケーブルが開通、




以後海底光ケーブルの普及が目ざましく、
国際通信の主流となっていますね。




太平洋においても1989年(平成1)4月に日米間で開通し、
さらにアジア諸国との間に海底光ケーブルの敷設が進められています。




こうして光通信の幹線システムの開発が進められた結果、
光通信の経済性が向上し、




末端接続部分の光ファイバー利用が注目されるようになったそうです。






とくに、インターネットのブロードバンド化が
進行するにつれて、





そのアクセス手段として、CATV、ADSL(非対称デジタル加入者回線)と並んで、




光ファイバーを用いた接続システムである
FTTH(Fiber To The Home)が急速に加入者数を伸ばしています。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sasasa157.blog.fc2.com/tb.php/2-a3631320

目的用途別選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。